転職サイトで正社員の事務職へ





女性に人気のある事務職ですが、転職を考えるのであれば、どのような業務をこなしていきたいのかを考えたうえで転職をしなくてはなりません。

例えば、出来るだけ数字に関する仕事がしたいというのであれば、経理関係の事務職に就くようにした方がいいでしょう。

そして営業の補助的な仕事をしたいというのであれば、営業事務を探さなくてはなりません。

一口に事務の仕事と言っても色々な業務内容がありますので、どのような業務をこなしていきたいのかを考えてから転職サイトで探すようにした方がいいでしょう。

業務内容によっては、自分がのぞんでいたような仕事が出来ないかもしれませんので、どんな仕事をしたいのかをはっきりさせてからにすることです。



私が転職を考えた理由は、正社員として責任のある仕事をしたかったこと、自分にあった仕事をしたかったことです。

前職は販売員で毎日笑顔で仕事をしていくことに、苦痛をおぼえていました。

しかも契約社員だったので、正社員になりたいと決心しました。

はじめは有名な転職サイトに登録し、サイトから送られてくるメールを見たり、興味を持った企業を調べたりしていました。

しかし勤務可能範囲での企業が見つからなかったり、全然興味がない企業の紹介メールが送られてきたので、中堅どころの転職サイトに登録しました。

紹介されている企業こそは少ないものの、一つ一つの情報が見やすく書かれてありました。

また企業に見てもらうために作成した資料を見て、アプローチしてくる会社もありました。その結果安心して応募することができたので、本当にやりたかった事務職の転職に成功したのです。



転職サイトで異業種へ転職するなら、営業がおすすめ






新卒採用されてから数年たった後に、ある程度の人たちは転職を考えるようになってきます。そういった20代の人たちがまず最初に思うことは異業種への転職のようですね。いままでとは違う世界へ、未経験から飛び込むような転職活動をする人が多いのです。

そして、未経験を採用する職種の中でトップを争うのが事務職か営業職です。ただ、事務職はほとんどが非正規雇用で、将来を考えても抵抗を感じてしまう人もいると思います。
転職エージェントの非公開求人

結局、間口をひろく未経験者を迎えてくれる職種といえば営業がトップとも言える、ということなんですね。

営業といっても法人向けや、個人向けの営業、新規開拓のためのいわゆる飛び込みなど、いろいろな種類があります。
自分の頑張りがダイレクトに反映されやすい職種ですので、自分の力を試すためにも頑張れそうですね。
転職サイトにも、営業の求人は多くありますので、自分にあった企業を探してみるのも良いですね。





転職サイトを利用した薬剤師の体験談




私は薬剤師をしていますが、もっといろんな所で働きたいと思って転職サイトを利用して転職しました。

今働いている場所も良いのだけど、もっと大きな所で働きたいと思ったのがキッカケで転職サイトを利用し始めたのですが、初めての転職だったので色々と困ってしまいました。

しかし困った時も問い合わせしたらすぐに担当の方から連絡が貰えまして、さまざまな相談に乗ってくれました。

スムーズに次の場所に転職することができませんでしたが、その間も色々と話しをしてもらって、私に合う条件を探してもらい相談しながらついに転職ができました。

転職サイトがなかったら上手く転職できなかったなと思っていますので、今でもすごく有難かったと思っています。

http://www.pharmacie-sarreguemines.com/

薬剤師に特化した転職エージェントなので安心ですね。